日本人ユーザーさんお待たせしましたー!

2015年11月7日(土)品川インターシティホールにてPAGES開催。

3歩あるくと、みんな忘れちゃうお年頃なので、

イベントの情報をまとめておきます。

 

今回の目玉は何と言っても「日本化を加速!

また、国内1,000,000サイトを突破して、新たな境地に入っていく予感。

 

基調講演

もうおなじみのファウンダー3人と今回お話をしていただいたのはJimdoの各国プロジェクトを総括するプロジェクトマネージャーChris Hilbert(クリスさん)

ちょんまげヘアーがキュートです。

 

ファウンダーさん3人はビデオレターで登場しました。

 

 

さて今回の3つの目玉です。

Coming very soon...(近々公開)

 

〇背景画像のUI変更、ページごとに背景画像が変えれらる!

 

〇ショッピング機能で「Stripe」という新しいウェブ決済方法が追加されました!

 

〇レスポンシブ!!!スマホでみてもPCサイトと同じイメージ!

 

いきなり、おー!おー!おー!という感じでした。

レスポンシブは右の写真のように今までスマートフォンはスマートフォンの表示に特化したデザインでしたが、右の写真のようにPCで見るものと同じイメージにできます。素敵ですね。

 

 

 

Jimdoアワード

Jimdo Best Pagesはひろしま留学大使さん。

標準レイアウトを使った無料プランです!


ノミネートされたサイトを拝見して私もこのサイトがいいなーと思っていたので嬉しい。


おなじく受賞された「滝川眞人の日本画の世界とこども絵画教室」のサイト制作の方の涙が印象的でした。

とても美しくて、わかりやすいサイトですね。


Jimdoの軌跡とJimdoJapanのこれから

まずは、昨年に引き続きビッグデータと昨年との比較。今年は駒井カントリーマネージャから。
左の写真にあるように、Jimdo世界のトップ50サイト中の日本のサイトの割合です。どんどん増えてますね!

有料プラン(プロ、ビジネス)の割合も上昇です。日本のトップ100サイトの中では2014年72%→2015年77%

 



 

同じく日本のトップ100サイトのなかでの業種別の割合です。

EC機能の充実化により、割合が増えているのが見て取れます。

これにクレジットカード決済機能が公開されたらもっと伸びるのではないでしょうか。

 

画像は無いですが、自分の中で一番興味深かったのは年齢層。

 

インフォグラフィックにもあるように

 

1位 40代 29.89%

2位 50代 26.64%

3位 60代 17.29%

 

あとは、個人事業主・経営者 58.5%

 

これがすべてを表している気がします。

 


以上は見てのとおりですが、モバイルアプリ利用率は19% 微妙な数字ですが、個人的には少ないと思います。

やはり機能的に未熟な部分があるためかと思われます。


また、ビジネスプランにするとモリサワフォント176書体!プロの印刷業界でも一般的に使われている綺麗なモリサワフォントが使えるとはデザイナーとしては嬉しい限りですね。

ニューレイアウトTokyo

Jimdoエキスパートでもいらっしゃる服部雄樹さんによる、日本人による日本人向けのレイアウト、Tokyo。近日公開です。


私的には待ってました!ありがとうございます。


もうあの英語圏向けの文字の大きさ(日本語だと見出しなど、でっかくなりましたよね)に惑わされなくていいんです。

余白など、「う~~ん。この微妙な・・・」というのも検討されているそうです。

一般ユーザーの方はデザインにはそこまでこだわらない方も多いかと思いますが、嬉しいです。



イベント会場の写真なので、ゆがんでしまってますが、メニュー部分、レイアウトなど使いやすそうです!

雑多な感想

Jimdo上陸から6年。色々外側から眺めていたり内側から(カスタマイズ制作として)関わったりとこれまでの流れを拝見してきました。感じたのは日本の市場は大きくなってきていますのでJimdo側でも日本向け対応をやらなければならない場面に来ているのではないかと思います。

 

今のデータを見る限りでは、使いやすさが一番の売りで40代から60代のかたの需要があります。また割と本気の事業者の需要もあるのはJimdoCafeを運営していて感じるところです。デザインやかっこよさに走るのではなく、他とは一線を画した「使いやすさ」を重視して日本向け開発をしていただけるといいなーと思います。

40-60代の方はあと20から30年は続けると思います。

 

使いやすいからこの年齢層というのはありますが、IT系ではない一般の若者はそもそもPCあけない、パソコンのことがわからない方が多いです(実際)うちの一般的な息子もパソコンにハードな部分には興味ないみたいです。その代わりスマートフォンの使い方はばっちりです。シニアに使いやすいってことは、ITリテラシーのない若者にもやさしいってことです。

 

モリサワフォントは喜ばしい限りですが、どのフォントを選んだらいいのか迷う方がたくさん出てくると思います。

フォントにこだわりがある方はいらっしゃいますが、たいていの方は違いがあまり判らないのが悲しい事実です。

cafeのオーナーの方は、3種類くらい使えるフォントと太さなどを指定してあげることも必要かもしれません。

 

Tokyoレイアウトは使ってみてからでないと何も言えませんが、画像を見る限りでは使いやすいのは一目瞭然です。

 

Jimdoが上陸してから1年くらい後、オフィスジータではJimdoのカスタマイズを業務として始めました。なぜなら、ウェブサイトの制作・デザイン制作を生業としていますが、ウェブサイトの形態は今後どんどん変わってくると思ったからです。色々な同じようなサービスを検討した上でJimdoに決定しました。ウェブサイト自体は無くならないにしても形態は常に変わってくるでしょう。Jimdoなどのサービスはその転換期に当たるものだと思っています。

 

どんどん進化するJimdoを応援いたします。

 

オフィスジータのJimdoカスタマイズ

簡単・気軽に更新できるオンラインホームページ作成サービス、

Jimdoのホームページのデザインを、 プロのウェブデザイナーが、

お客様のためのオリジナルで制作します。

更新作業は、お客様ご自身の手で、お願いいたします。

ホームページ制作のためのHTMLやCSSなどの専門的な知識は一切不要です。

プロがデザインしたページをご自分で更新してみませんか?